メンズ夏服通販!ダサイ=他人に流される人の本質と改善例

スプートニクス!春夏セールをみてみる

 

 

メンズ夏服通販!ダサイ=他人に流される人の本質と改善例

 

マスコミ関係で働く30代女性です。男性8対女性2くらいの割合の会社で、なおかつ服装は自由なので、スーツを着ているような人はあまりいません。中学生や高校生の制服と一緒で、スーツだと多少のあらは隠せると思うのですが、私服だとセンスの差が如実に出ます。というわけでメンズ夏服通販、私が見た30代男性のダサいと思うファッションを2つ。

 

○全身同じブランドで統一
職場に陰で「ポルスミくん」と呼ばれる男性がいます。その名の通り、全身ポールス○スで固めています。ハンカチや財布までポールという徹底ぶり。てっきり、こだわり派のおしゃれさんかと思いきや、実はあまりファッションセンスに自信がないらしく、ダサイと思われたくないがために、店員さんに勧められるままコーディネート一式買ってしまっているようです。なので、どう着回していいかわからず、上のシャツと下のパンツのテイストや色が妙に合ってないときも散見されます。

 

○やせているのに南国風クールビズ
40代の恰幅のいい上司が、クールビズでかりゆし風だったり、アロハシャツを着てくることがあり、「沖縄の陽気なおじさんみたいでかわいい〜」なんて女性職員の間で話題にしていたら、30代のやせ体格の男性の同僚が、あろうことかその「マネ」を。本人は涼しい涼しいとお気に入りですが、そういうところも含めて、一昔前クールビズを定着させようと、これみよがしにかりゆしやアロハシャツで登場していた政治家の先生みたいで、正直全然似合いません。着る服を選ぶ服は、衝動買いせずに自分に本当に似合うのか、一晩落ち着いて考えてから買ってくださいね。

 

いろいろ書きましたが、個人的には男性のメンズ夏服通販で大切なのは「清潔感」と「自分らしさ」だと思います。値段や他人のファッションに惑わされず、ファストファッションなんかも上手に取り入れながら、時計や靴などちょっとしたところで、さりげなーくいいもの持っている人などは、メンズ夏服通販であってもファッションに対するこだわりを感じてすてきだと感じますね。

 

 

151515151