かっこいい夏服!モテるデニムのメンズファッションコーデ術を公開

スプートニクス!春夏セールをみてみる

 

 

かっこいい夏服!モテるデニムのメンズファッションコーデ術を公開

 

かっこいい夏服!男性のファッションでがっかりしたのは、デニム・ジーンズの着こなしの悪さです。以前、会社の取引先の男性陣と合コン(飲み会)をして、後日そのメンバーで観光地に遊びに行くという事がありました。合コンの時は仕事終わりの金曜だったので、お互いスーツ姿で集合しました。私が気に入った男性は、スーツは紺色のストライプをシュッと着こなしていて仕事のできるスマートな印象がありました。でもいざ私服で昼間に会ってみると、なんだかものすごく野暮ったい印象にガタ落ちしていました。

 

彼はTシャツにデニム・ジーンズというごく普通のファッションだったのですが、なんか全体的にバランスが悪い感じです。というのもTシャツが短めで、デニム・ジーンズのウエスト部分がでくっきりわかるような履き方でした。しかもハイウエストタイプのジーンズ。20代前半の若い時はそれでもフレッシュに着ていたのでしょうが、30代も中盤ともなると体型が崩れてきます。腰回りのお肉がうっすらベルトに乗っかっているのでは、と思うような見た目。しかもベルトが細く、無理やりキュッと締め付けているようでした。

 

あと、太ももの付け根あたりにくっきりシワが寄り、ムチムチな感じでした。彼が車の運転席に座る時思わずじっと見てしまったのですが、下にブルマでも履いているんじゃないかと思わせるくらいにくっきりと肉厚に見えました。確かにスキニーデニムのようなタイトなジーンズが好きな人もいるとは思いますが、腰回りお尻回りがムチムチに見えるなら、もうワンサイズ上でもいいのではと思います。

 

30代くらいの男の人は若い時にビンテージジーンスが流行った事もあり、ジーンズがオシャレで間違いないと思い込んでいる人が多くいます。確かにおじさんでもかっこ良く履きこなしている人もいますが、ポイントは体型に合っているかどうか。いくら高級ジーンズだって、自分が歳を取れば見栄えは変わるものです。ちょっと気をつけて選べば、かっこ良く履けるものがあるはず。2年に1本はお店で店員さんと相談して買って欲しいなぁと感じました。かっこいい夏服って、まずは自分自身の体型を知り、己に似合うサイジングを選べる(理解する)ことが重要だと思います。

 

かっこいい夏服の着こなしの根本は、無理ないサイズ感で例えばレギュラーライズだけどタイトストレートのワンウォッシュのデニムにサラッと1枚麻素材のシャツを羽織る大人っぽいシンプルなキレイメ系カジュアルスタイルができれば第一印象で清潔感があり女性ウケすると思います。着古した洋服よりも新調した新しい洋服を着ていることも確実に好感度アップすることができると思います。着古した洋服は男らしく捨てて、思い切ってかっこいい夏服を買い替えてみるのもオススメです。

 

 

151515151