春服メンズ!意外と気付かない男性ファッションのナンセンス

春服メンズコーデなら、スプートニクスのコーデをみてみる

 

 

春服メンズ!意外と気付かない男性ファッションのナンセンス

 

30代春服メンズファッションって年齢は見る人によって、おじさんやお兄さんと節目の年代にあたるかもしれません。まず見た目でこれは駄目というのは、シャツをズボンの中に入れる事。春服メンズで30代でカッコイイTシャツでもこれをされてしまうと台無し。せっかくのセンスが水の泡となりそうですよね。ここに持ってきてウエストポーチがセットになるのは尚更NG。かなり厳しいです。

 

これと言って鉄板と言われるような春服メンズ服装というのはなかなか無いのですが、自分がカッコイイと思う=似合うではないという事です。例えば、とっても優しそうな顔の男性がB-BOY系の服装をしても似合いません。それならば、さわやかなデニムシャツにやさしい色のカーディガンを羽織った方が断然似合います。

 

30代は節目であって春服メンズファッションを変える時期とも思います。イメージとしては"落ち着く時期"。そう捉えると、自然と奇抜な恰好は排除されますね?年頃からして、"お父さん"をイメージしてもいいです。"おっさん"じゃないですよ。

 

春服メンズチェックのYシャツ選びも慎重にしたいですね。複数の色合いが重なっているものなどは、選択を間違えると秋葉系に成り下がりです。合わせてリュックなんかを背負わないように気を付けて下さいね…。定番なのが、白地のTシャツにデニムパンツ。シンプルだからいいと思いがちでしょ?でも白いTシャツも薄さを気にしたいところです。春服でメンズデニムもケミカルウォッシュはやめましょう。

 

私の好きな30代の春服メンズ服装は、無地の紺のジャケットにロンTのインナー。ベージュのチノパンです。少しお洒落にダボッとしていないカーゴもいいと思います。ロンTは気分によって色やデザインを変えますが胸元に大きなロゴがあるものではなく、左胸にマークがあるもの。ジャケットを脱ぐとそのマークが見える感じですね。出来れば手ぶらがいいです。

 

どうしても鞄を持つなら小さいポーチタイプの革のショルダーがいいですね。色は奇抜でなければどのようなものでもOKです。皆さんもお好みに合わせて、素敵なファッションライフを送って下さいね。

 

 

151515151