30代男性で大人っぽい服装は重要!メンズのダサい服装例を紹介!

スプートニクス!春夏セールをみてみる

 

 

30代男性で大人っぽい服装は重要!メンズのダサい服装例を紹介!

 

30代男性で大人っぽい服装は重要で、ダサいと感じるファッションの中で寒気がするほどダサくて嫌いなのが、昔流行って今もちょっと流行っているカーディガンやセーターをはおって袖を前で結ぶという「プロデューサー巻き」と、ポロシャツの襟を立てることです。もう、怖気がするほどダサくて嫌いです。これをダブルでやられたら目が死にそう。

 

昔、トレンディドラマが流行った頃、石田純一さんがプロデューサー巻きをしていたそうですが石田さんに似合ったとしても、一般男性で似合う人は少ないと思います。業界の人の真似しているようにしか見えませんし、オシャレを気取っていて気持ち悪いです。今は女性もプロデューサー巻きをするのが流行っているようです。女性がするのはまだなんとか見られますモデルさんのようにセンスよく巻いてくれれば、まあ、それなりにはなります。でも、男性がするのはたいていセンスがないです。

 

大人っぽい服装のメンズの着こなしでポロシャツの襟をピーンと立てるのもダサいです。それがカッコいいと思っているかのような表情がまたダサいです。学生の頃にスポーツをしていた人やゴルフをする人に多いようですね。しかも、ポロシャツをきっちりパンツに入れてベルトをしている人。そのベルトが営業でスーツを着るような人が使う、黒い普通幅ベルトに地味なバックルだと余計ダサいです。仕事着と私服の区別がつかないような曖昧な線で、休日にも仕事を引きずっているようで、私服のセンスも感じられず、ダサいです。プロデューサー巻きとポロシャツの襟立てをダブルで、加えてセカンドバッグを持っている人は超最悪です!絶対、近寄りたくないです。

 

大人っぽい服装のメンズコーデなら、セーターやカーディガンはインナーに合わせて選び、普通に着ている人がいいです。ポロシャツは襟を立てず、第一ボタンをはずしたくらい。カジュアルなパンツに合わせて着ている人が好きです。スプートニクスのシンプルジャケットの着こなしってデートの時には素敵だなって思う服装だなって思います。

 

 

151515151