30代男性服装は、自分に似合うファッションを認識することが大切

スプートニクス!春夏セールをみてみる

 

 

30代男性服装は、自分に似合うファッションを認識することが大切

 

もともと見た目が素敵な男性ならば何を着ても似合うものです。でもそんな男性は滅多に存在しません。女性と同じく、男性でもおしゃれに興味の強い人も多いでしょうし、若い頃はいろんなタイプのファッションを試してみるのもいいのですが、20代の頃のファッション感覚をそのまま引きずっている30代以上の男性を見かけると、複雑な心境になります。

 

30代男性服装で、個人的にとても嫌なのが30代でスキニーパンツを履いている男性です。スリムな体型で脚が長い人ならまだ許せるのですが、たとえ20代の若い男性でも太り気味の人や脚の短い人はとても見苦しいです。20代の頃から履き続けているのかもしれませんが、やはり変です。若くない女性や、脚の太い女性がミニスカートやレギンスを履いているのを嫌がる男性が多いですが、それと同じ感覚だと思います。

 

また、おしゃれに興味がありすぎるせいか、他人とは違った個性的なファッションをしようとしているのが露骨にわかってしまう人も、余計にダサさを際立たせます。特に気になるのは、派手な色や柄のストールを巻いている人や、統一性のないカラフルなコーディネートをしている人、帽子などの明らかに似合っていない小物を身に着けている人、などです。有名人の持っている小物を欲しがったり、スタイルをそのままコピーする人も、ファッションセンスが無く流行に流されやすい人といったイメージを持ってしまいます。

 

何よりもダサいと思うのは、アロハシャツとショートパンツの組み合わせです。海水浴などで多く見かけますが、ちょっとだらしない雰囲気に見えてしまいます。着心地が良いとか、好みの問題で着ているのかもしれませんが、アロハシャツのような派手な柄が似合う日本人男性はごくわずかだと思います。たまにアロハシャツを着てテレビに出ている芸能人を見ると、最高にダサいな〜なんて思ってしまいます。たくさん色や小物を使ってゴチャゴチャと自分を飾り立てる事がセンスのいいおしゃれだとは思えません。30代男性服装ならば、流行にとらわれず何が自分に似合うのかを知り、時と場所をわきまえた清潔感のあるシンプルなファッションをしている人が一番素敵です。

 

151515151