30代男性ファッションならではの良さを見せる具体例を紹介!

スプートニクス!春夏セールをみてみる

 

 

30代男性ファッションならではの良さを見せる具体例を紹介!

 

たまに見かけますが、30代男性の方でも10代の男の子が着るような柄や素材のシャツなどを着ている人がいます。例えば、モノトーンの新聞柄のようなシャツや、パンク系のテイストのブロックチェックのパンツやショート丈のコート、大き目のワッペンなどがついたパーカ、モコモコのファーなどがついたジャケットなど。そういった少し、可愛らしいと感じさせるエッセンスが入ったアイテムを着ることは、10代や20代前半までは許されても、30代の大人の男性が着るものではありません。30代男性ファッションとしては、女性ウケしないと思います。30代の男性が着るとダサいのでデートの時などには着てきて欲しくないというのが正直なところです。30代男性が表現する可愛らしさは、ギャップくらいで十分で、それは可愛らしさというよりユーモアなどかもしれません。

 

シャツの襟の裏が花柄だったり、コートの裏地が派手目の柄だったり、ボタンに彫刻があったりというわかりづらいパーツの中に意外性やギャップを見せることが、格好いいのです。30代男性ファッションで、人に違和感を感じさせてしまうということは、内面と外面が合致していないということで、それは大人としてはダサい、スマートではないということを認識しておく必要があります。幼く見える男性というだけでダサい上に、格好悪く感じてしまいます。

 

また、同じブランドやメーカー、ショップ内でも、大人っぽいテイストのアイテムもあれば、子供っぽいテイストのものもあります。だからこそ、きちんと大人っぽいテイストのものを選んでほしいと思います。年相応に見えるもの、若々しいものは構いませんが、幼くみえるというのとは違います。パーカを着るときや少し子供っぽいデザインのものを着るときにも、シンプルでスマートなデザインや金具が格好いいものなどとこだわりポイントが見えるファッションをしてもらえると30代男性ファッションとして素敵です。私としては、スプートニクスのようなキレイめ系のシンプルファッションが好きです。

 

 

151515151