30代メンズファッションのNGは?失敗しない重要ポイントを解説

スプートニクス!春夏セールをみてみる

 

 

ボロボロか若作りの30代メンズファッションはNG。

 

電車に乗っていると、様々な人を見かけます。暇を持て余してそのような人々に視線を注ぐと、やはりどうしても服装が目に入ってきてしまいます。特に30代くらいの男性のメンズファッションが、目につくことが多いです。それも、30代のメンズファッション悪い意味で・・・。

 

たとえば、長い間30代の男性が洋服を新調していないと一目で分かる人が結構います。物持ちがいいことは、悪いことではありません。でも、「まだ着れる」から着る、というのは物持ちがいいのとはまた別です。なぜなら服は人に見られるものだからです。機能的にまだ使えても、見るに堪えないような服であれば、それはもうリサイクルしたほうがいいかもしれません。

 

また、逆に洋服が新しすぎる場合もあります。30代という年齢に合わずまだ10代の奇抜な服を着ている人が意外と多いのです。学生の服と、それ以降の服とは全く別物です。強いて言えば大学専門までは10代の服を着ていてもいいかもしれません。しかし、同時にどのように服装をチェンジしていくかを考えていく時期が大学専門なのです。そこで失敗していつまでも同じような服をきていると、若作りだとか、幼稚だとか思われてしまうこともあります。いくら最新のファッションを身に着けていても、社会人になったらある程度の成熟さ、大人っぽさがないと女性からはダサいと思われてしまうでしょう。

 

では、この間をとったファッションを考えてみましょう。あまり新しすぎず、しかし古くも見えない服装とはなにか。キーワードは清潔感です。奇抜すぎず清潔感がある服装というのは、失敗することがまずない鉄板ファッションです。シャツであればポロシャツ。パンツであればチノか細すぎないジーンズがよいでしょう。パンツは細すぎると安定感を失うことがあります。以上のように、30代メンズファッション通販するならば、失敗しないポイントとしてシンプルなファッションを志すことで、誰にも好かれるセンスを身に着けることができるでしょう。

 

151515151