かっこいいメンズファッションの正体!女子目線モテ服はお金じゃない

かっこいいメンズファッションが充実、ジギーズをもっとみてみる

 

 

かっこいいメンズファッションの正体!女子目線モテ服はお金じゃない

 

私が男性のかっこいいメンズファッションで最もダサいなと感じるのが、全身ハイブランドコーデ。体中ブランドのロゴをあしらったアイテムばかり身に付け、清潔感のかけらもないコーディネートなのに、いかにも「俺ってカッコよくない!?」と思っている男性が本当にカッコ悪いです。しかも、特に酷いのが若い20代の男性。私の友達の友達にも一人いるのですが、クロムハーツのニット帽をかぶり、アウターもクロムハーツのマークがでかでかと背中にプリントされたパーカー。ボトムスもこれまたおっきく「ドルチェ&ガッバーナ」とプリントされたボロボロのダメージデニムで、腰には同じくドルガバの大きなブランドロゴがバックルにデザインされているごつめのレザーベルト。極めつけは指にも腰にもジャラジャラとクロムハーツのシルバーアクセサリーをつけていて、財布までゴリゴリのシルバーブランドのお財布・・・。ドヤ顔で身に着けているその人と初めて会ったその瞬間、家に帰りたくなったのは友達にも内緒です・・・。

 

かっこいいメンズファッションとしてハイブランドの洋服や小物って、本当はとてもカッコよくて、クオリティも高い。だからオシャレな人が身に着けるととっても輝くアイテムだと思います。何でもない白無地のTシャツが実はルイヴィトンだったり、全身ラフでカジュアルな格好なのにチラッと見える小物が今流行りのブランドだったり。大切なのはブランド品を決していやらしく見せない「何気ないコーディネート」ではないかと思います。そして何気なさを演出するためには「清潔感」を意識したコーディネートが絶対大事。それは洋服だけでなく髪型や言動に至るまで、その人の雰囲気全てに気を配るぐらい気にしていいと思います。不良っぽくカッコつけたり、だらしなく着たり、見せつけるような着方ではなくて、もっとスマートに、大人な着こなしをするだけで、その上品さをブランド品が必ず格上げしてくれるはず。かっこいいメンズファッションとしてブランド品を身に着けるからこそ、普通以上に身なりには気を付けて着用してほしいですね。