冬服メンズモテコーデの秘密!ハット選びとかぶり方を間違えない方法

冬服メンズモテコーデが充実、ジギーズをもっとみてみる

 

 

冬服メンズモテコーデの秘密!ハット選びとかぶり方を間違えない方法

 

冬はハット(帽子)の季節といってもいいですね。夏は日よけのためのハットですが、冬は防寒はもちろん、種類も素材も豊富なのでハット好きにはたまらない季節でしょう。ヘアセットがいまいち苦手…という男性にとって、ハットは力強い味方になるんですよ。うまく髪形がきまらなくてもハットをかぶればかっこよく見えちゃいますから。でも、ハットはどれでもいいからかぶればいいというものではないんです。実はそれなりに難しい面もあります。彼氏や旦那さんがいくらオシャレでもハットで損してしまっていたらもったいない!ハットはすごく目立つアイテムだけに、うまくコーデに取り入れる必要があるんです。特にトレンドのハットはあわせるコーデが限られるので高度なセンスが必要とされます。つば広ハットなどはトレンド感が強いアイテムなので難しいですね。ポイントとして、あまりにもつばが広すぎるのはやめておいたほうがいいでしょう。程よいつばの広さを選んでください。あんまり広いとおかしいですから。

 

また冬服メンズモテコーデ、目立つアイテムなのでできたら「黒」をまず選んだほうが失敗しにくいです。モノトーンコーデにおとしこめますし、かなり自然な雰囲気にもっていけます。逆に、つばがほぼないぐらいの中折れハットをかぶっている人もいますよね。これはちょっと「おじさんくさい」のでNGです。頭が大きく見えますしバランスが悪いです。いくらオシャレな帽子でも、いまはつば広ハットがオシャレとされる時代です。キャップも黒を選んだほうがコーデしやすいですよ。変に赤とか青とか選ぶとおかしくなるのでやめましょう。一番簡単なのがニット帽ですが、これもかぶった時に三角形に見えるようなデザインのものを選んでください。目深にかぶると指名手配犯みたいでおかしいのでNGです。浅くかぶるのがポイントですね。冬服メンズモテコーデはコートのテイストにあわせてハットを選ぶとコーデがうまくいきます。冬でも清潔感あるショートヘアが好感度高いですよ。帽子を脱いだ時にボサボサだとかっこわるいですからね。